焼肉ファンのためのコミュニティサイトです。美味しいジンギスカンと焼肉・山肉の店・スズキヤが主催しています

このサイトの使い方

HOME

若旦那のお便り


写真投稿掲示板 遠山らくがき帳

気軽にいろんな写真を投稿してくんろ

我が家の食べ方大募集!

「らくがき帳」では、ジンギスの食べ方、山肉の食べ方、こんな食べ方してます!こんなメニューにアレンジしてます!いろんなお肉の食べ方やレシピ・盛りつけ例などを募集しています。どんなことでも気軽に写真にとって投稿してください。
らくがき帳の番人、ジンギとシシ坊が読んで、これは!!と思った写真には「スズキヤ感激!!賞」をおつけします。スズキヤ感激!!賞がついた方には、若旦那から記念品を贈らせていただきます。
★投稿写真やコメントは、肉のスズキヤ通販サイトに掲載させていただくことがあります。

スズキヤ感激!!賞のご案内
  • 使い方
写真投稿掲示板 遠山らくがき帳
梅雨の晴れ間
もしかして、二重投稿

松本市の弘長寺で紫陽花を見てきました
普通のぼんぼり状も沢山ありましたが、
珍しいのだけ三種

昼は朝日村のふじもりで盛りそば

羽田が朝日の西瓜を買おうとしたけど、売り場が判らなかった
10日から特売所開設だそうです。
投稿者:minoru  投稿日:2017-7-9 9:37
カテゴリー: 投稿記事一覧 / いろんな風景 

コメント一覧

タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
最初の画像の紫陽花の色の混じりかた、くわえて
毛羽だったようなところが変わってます。
これは珍しいですね。

鎌倉は終わりました。6月半ばから下旬に入ったあたりは
すごかったです。観光客が押し寄せてきました。

長谷寺に明月院。紫陽花を見に、東京あるいは外国の方が
いっぱい。

ガクアジサイはいいですね。私も好きです。
かわいらしい。
投稿日: 2017-7-9 13:54   投稿者:おちゃ
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
鎌倉の紫陽花寺は32年ほど前に訪れました。
寺の名も場所も忘れましたが
綺麗な竹林とお薄を提供してたのを覚えてます。
梅干しの土用干しもここで初めて見ました。
当地のは塩漬けのカリカリ漬けなので
土用干しは見かけません。

松本市までは遠い人は
西春近の深妙寺へどうぞ。
ここも広い境内に紫陽花が一杯です。

投稿日: 2017-7-9 18:42   投稿者:minoru
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
>羽田が朝日の西瓜を買おうとしたけど

「羽田のスイカ」って、松本市波田下原の「波田のスイカ」ですよね(汗)
距離的に、朝日村のふじもり蕎麦屋の近くでしょうか?
朝日の西瓜って富山県産ですが~??
投稿日: 2017-7-9 19:48   投稿者:鬼瓦権造
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
富山にもあるやもしれませんが、
話題のは朝日村の西瓜です。
羽田と隣同士ですから、地味は同じなんでしょう。

昔は稲作が出来なかった場所が、現在では
農業で発展した場所となってます。
栄枯盛衰を見る思いをしてきました。
手入れが行き届いた畑では、若い人が働いてました。

テレビで出てた名前の場所を検索して行ったら
選果場でした。そこでは買えない。
直売所はもっとずっと北の場所です。
高価な5Lを週末に買ってこようかと思ってます。
3千円近くするもよう。
投稿日: 2017-7-9 20:38   投稿者:minoru
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
羽田(はねだ)ではなく波田(はだ)でしたね。
漢字間違い。

北から
松本市波田・山形村・朝日村と続いていて
西に山を持つ、扇状式高地です。
畑作にはとても向いてるのでしょう。
投稿日: 2017-7-9 21:07   投稿者:minoru
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
ほっとする投稿をありがとうございます。

きれいですね、松本でしたか・・

深妙寺も、数年おきくらいには行っています。
いいところです。

鎌倉も1度だけ見に行って、素敵でした。
ちなみに、遠山の上村のアジサイはこれから咲き出しますに。
投稿日: 2017-7-10 9:27   投稿者:オポッサム
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
昔々、東名高速が出来るよりずっと前
オラっち隣の農家のやまじ(山の中の畑)が
東名高速沼津IC付近に在り、麦や西瓜やさつま芋を栽培していました
早朝から馬力に揺られて、西瓜の収穫へ行くのが楽しみで
現地の湧き水で冷やした西瓜をナタで割って食った時の
赤や黄色の西瓜の旨さを今でも覚えています

昼めしは塩おにぎりに黄色い甘辛たくあんだけでしたが
それはそれで美味かった
あの時、一緒だった隣の同級生とご両親も
今じゃ誰も生きてない(涙)
投稿日: 2017-7-10 13:05   投稿者:鬼瓦権造
タイトル:Re: 梅雨の晴れ間
最近
私が子供の頃の祖父の年を越えてるのに気がついて
愕然としました(笑)

近所のおじさんやおばさんも
死に顔見てませんから、
頭の中ではまだ生きてます(笑)
投稿日: 2017-7-10 13:39   投稿者:minoru
GNavi   (based on MyAlbum-P)